ETCのセットアップについて

高速道路を1000円で通行するためには、ETCカードと車載器が必要だと説明しました。
しかしETCの車載器というのは、ただ単純に車に取り付ければいいというものではありません。取り付けた後に、セットアップという手続きをしなければなりません。

このセットアップというのは、車載器に自分の車の情報を登録することです。
高速料金というのは、車種によって金額が違います。その計算を正確にするためにも、車の情報を車載器に登録しておく必要があるのです。

ETC車載器にセットアップするには

ETC車載器に登録できる情報は、1台の車のみです。そのため、複数の車で車載器を共有することはできません。

また取り付けは自分で行うことができても、セットアップというのは自分で行うことはできません。これは不正防止の観点からそのようになっているのです。
セットアップを行うには、専門のセットアップ店で行う必要があるのです。

ただ専門のセットアップ店といっても、通常はETC車載器を販売しているカーショップや町の車屋さんで行うことができます。車載器を購入するときについでにセットアップもできるか確認するとよいでしょう。

セットアップにかかる料金は、お店によって若干違いますが、通常数千円で可能です。

このETCのセットアップ作業が完了したら、これで高速道路でETCを利用することができます。

今はETCを付けて高速道路を利用するだけで、1000円で走ることができますから、ぜひ利用してくださいね。


Copyright © 2006 . ETCカード最強の2枚 All rights reserved オリコ UPTY カードのポイント